電車通勤中に電子書籍での読書を習慣化すれば人生が変わる

LIFE
電車通勤のサラリーマン
電車通勤のサラリーマン

「今年こそは読書を習慣化したいです。普段、電車通勤をしています。通勤時間を上手く使って読書をしたいと思うのですが、良い方法があったら知りたいです。」

こんな疑問に答えます。

今回は、読書をこれから習慣化しようと考えている電車通勤のビジネスマンに向けた内容の記事です。

通勤電車で読書するなら電子書籍を使いましょう!

今までは読書の習慣がなかった僕ですが、AmazonのKindleという電子書籍を使い始めてからは読書習慣が身につきました。

週に一冊のペースではありますが、本を読んでいます。
電子書籍は、特に通勤電車での読書が捗ります。

結論としては、電子書籍は通勤電車で読書を習慣にするビジネスマンのために生まれたといっても過言ではないです。

主な理由は下記の5つです。

通勤電車で読書をするビジネスマンは電子書籍がオススメの理由
  • 満員電車でも周りを気にせずに読める
  • 重さを気にせず大量の書籍を持ち歩ける
  • 片手で操作ができる
  • 読めない漢字は辞書機能ですんなり解決
  • 紙の書籍より安いことも…

それぞれざっくりとまとめていきます。

満員電車でも周りを気にせずに読める

ビジネス書や資格の参考書などは、分厚くて大きいものが多いです。


分厚くて大きい本を満員電車で読むと
「周りの人の迷惑になるのではないかと心配になって、読書に集中できません。」

しかし、電子書籍なら大判で分厚い書籍も文庫本サイズで読めるため「周りを気にせず読書に集中することができます!」

本での学習が捗ること間違いなしです。

ちなみに僕はプログラミングやWeb制作のIT技術書などをよくKindleで購入します。

Kindleでは定期的に専門書籍やビジネス書籍などのセールが行われておりますので、「出来るだけお金をかけずに安く読書をしたい」という方にオススメです。

重さを気にせず大量の書籍を持ち歩ける

現代人にとっては、わざわざ説明不要ですね。

電子書籍は本の内容がデジタル化されていますので、物理的な本の重量を気にしなくて大丈夫です。

僕が持っているKindleの重さは200グラム弱です。数十冊分の本のデータが入ってます。

紙の本一冊の重さの目安は下記です。

一冊あたりの重さ(目安)
・文庫本:約200g
・新書本:約250g
・単行本:約300g(ソフトカバー)
・単行本:約450g(ハードカバー)

園田書店 https://www.sonoda-shoten.com/%E9%80%81%E6%96%99%E3%81%AE%E7%9B%AE%E5%AE%89/

文庫本一冊あたりの重さで数十冊の本を持ち歩ける電子書籍は「体力的に、やさしいですね。

関連する本を並行して読書することが容易に可能

特定の分野の知識を身に着ける時などに有効です。

特定分野の本を何冊か読むことによって、専門的な知識を身に付けることができるでしょう。

関連する本から得た知識を比較することで理解を深めたり、さまざまな角度から眺めることで自分の考えと照らし合わせることができます。

片手で簡単に操作が可能

紙の本では、どうしても両手を使わなければ読書をすることが出来ません。

片手でページをめくるスキルを持っている方がいたらコツを教えて欲しいです。
片手でのページめくりは、正直かなり至難の技」ですよね。

電子書籍はページめくりを解決

ページをめくるという「わずらわしい作業」も電子書籍は解決してくれます。

バックやつり革で片手が塞がっていても大丈夫です。
画面を左右にスワイプするだけで簡単にページをめくることができます

読めない漢字は辞書機能ですんなり解決

読書をしていると「読めない漢字や、意味が分からない言葉」に遭遇します。

電子書籍には、辞書機能が内蔵されているので、分からない漢字や言葉を選択すると読み方や意味が瞬時に解決できます

紙の本では考えられなかった機能ですね。
電子書籍すごい( ^∀^)

紙の本より安いことも

2019年に話題になった「FACT FULNESS」と言う書籍を例に見てみましょう。

FACT FULNESS紙の本Kindle本
価格¥1,980¥1,782
割引率10%

上記は「紙の本」と「Kindle本」を比較した表です。
「Kindle本」は「紙の本」に比べて10%の割引価格で購入が可能です。

購入金額においては、「紙の本10冊≒電子書籍11冊」という式が成り立ちます。
さらに本を買えば買うほど「紙の本」と「Kindle本」との冊数の差は開いていきます。

月額定額料金で本が読み放題

「Amazon Kindle Unlimited」や「楽天マガジン」といった読み放題のサービスを提供しているところもあります。

低価格でたくさんの本を読むことができます」ので、読み放題サービスも検討してみる価値はあります。

読書を習慣化すると人生を変えられる

ここまでは、通勤電車で電子書籍を使う利点をまとめましたが、大切なことは読書の習慣化です。

過去の偉人や成功者は、読書を習慣化しています

実業家や過去の偉人たちは皆さん読書を趣味にしていたり、読書を習慣にされている方々がほとんどです。

「これから成功を夢みる方や、これからの人生を豊かに暮らしたいと考えている方」にとって、読書の習慣化は必須と言えるでしょう。

ビジネスコンサルタントのブライアン・トレーシー氏のコメントも下記に載せておきます。

毎月たった1冊の本を読むだけで、自分の属する社会の中で上位1%の収入を得られるようになります。週に1冊、年に50冊読むと、自分の専門分野で最高クラスの専門性を得ることができ、年収も最高クラスになるでしょう。定期的に読書するようになれば、人生は完全に変わるのです。

[重要] 読書でインプットした内容をアウトプット

読書をするときに効果的な読書法を紹介します。
それは「読書でインプットした内容をアウトプットする」という方法です。

アウトプットすることは、インプットするよりも重要

悲しいことに、インプットだけでは自分の人生や生活は何も変わりません。
アウトプットすることによって初めて変化させることができます

「自分の人生や生活を変えるには、身の回りの環境や外の世界を変えるしか方法はありません。」

「インプット→アウトプット」の繰り返しが世界を変える

インプット→アウトプットの積み重ね」が外の世界に変化をもたらしていきます。

実業家たちは、インプットした内容をプロダクト(サービスや製品)としてアウトプットすることによって、世界を変化させています。

イーロン・マスクはSF小説を子供の頃に沢山読んで宇宙のことや新しい技術のイメージをインプットしました。

そうやってインプットした内容を元に、今ではロケットを打ち上げる民間の宇宙会社や電気自動車の会社としてアウトプットすることによって世界に影響をもたらしています。

電子書籍はアウトプットに最適

話を電子書籍に戻すと、電子書籍はアウトプットに最適です。
電子書籍にはアウトプットに便利な機能が備わっています。

電子書籍のハイライト機能を使って重要なポイントを保存

イメージとしては、紙の本にマーカーを引くような感じです。
重要なポイントやメモとして残しておきたい一文をハイライト機能を使って、マーキングすることが出来ます。

このハイライト機能かなりの優れものでして、ハイライトした部分だけをまとめて表示してくれることが出来ます。

重要な所だけをまとめた自分だけのノートのような感覚で読書した本を振り返ることが出来ます。

まとめ:煩わしさを排除して効率的な読書ライフを

読書を習慣化することによって、人生を今よりも豊かに変えることができます。

忙しいビジネスマンにとって、なかなか読書の時間を確保することは難しいことでしょう。
電子書籍を活用すれば、通勤電車やスキマ時間に効率の良い読書をすることができます。

紙の本の煩わしさを排除して効率の良い読書習慣を徐々に身に着けることはオススメです。

コメント