アマゾン(Amazon)がクラウドゲームに参入!アマゾンクラウドゲーミングサービス「Luna」について

GAME

アマゾンがクラウドゲームに参入を発表しましたが、詳細が知りたいです。
アマゾンのクラウドゲーム 「Luna」について分かっていることを教えてください!

こんな疑問に答えます。

アマゾンは9月24日にサブスク制クラウドゲームサービス「Luna」を発表しました。

Twitchというゲームサービスを提供しているアマゾンがクラウドゲームに参入したので注目が集まります。

アマゾンのクラウドゲーム サービス「Luna」基本情報

月額料金5.99ドル(約630円)
サービス開始時期2020年10月
サービス地域アメリカ
対応デバイスPC、Mac、iOS端末
Fire TV、Android

まずは10月にアメリカだけでスタートする予定です。
早期招待ユーザーのサブスク料金は月額5.99ドル(約630円)。
(*Lunaのサブスク料金は、正式スタート時に改定する可能性があります。)

AWSのクラウドサービスでホスティングし、PC、Mac、iOS端末、そしてもちろんAmazonの「Fire TV」でプレイできます。
Androidもサポートする予定のようです。

Lunaは、GoogleのStadiaやNVIDIAのGeForce NOWなどと同じく、クラウド上でゲームを処理し、ユーザーが所持するデバイスの性能に依存せずに遊べるサービスとなり、AWSのサーバーを使用します。同社のFire TVやWindows/Macマシンで動作し、将来的にはWebアプリを介してiPhone/iPad、Androidで遊ぶことも可能になるとのことです。

アマゾンクラウドゲーミング「Luna」タイトル

ユーザーはゲームチャンネル「Luna +」にアクセスし、「バイオハザード7」や「Yooka-Laylee and the Impossible Lair」などの多数のゲームをプレイできます。

Luna内にUbisoftのゲームチャンネルも解説し、同社の人気ゲームもプレイできるようになる見込みとのことです。

Amazonは専用コントローラ「Luna Controller」を発売

Amazonは専用コントローラ「Luna Controller」も発売しました。

クラウドにWi-Fiで直接接続するので、遅延が低い利点があります。
Luna Controllerの早期アクセス価格は49.99ドルです。

Twitchとの親和性が高い

動画配信プラットフォームのTwitchとの連携も行なわれます。

Luna内でTwitchのゲーム実況を視聴し、Lunaのゲーム実況から自分でもゲームのプレイをスタートできるようになります。

まだ日本ではサービス開始が先になりますが、続報がでたら更新していきますね。
僕は、AmazonFire TVユーザーなので、非常に楽しみです。
Lunaがヒットしたら、まじで専用ゲーム機もゲーミングPCも必要なくなる可能性がありますね。

コメント