YouTubeの利用規約変更どう影響するのか

LIFE

2019年12月10日にYouTubeの利用規約の一部が、更新されます。内容は、YouTube独自の裁量により、チャンネルやアカウントの削除ができるとのこと。

問題となっているのは新規約の「アカウントの停止と解除」のセクションにある、「YouTubeが独自の裁量により、お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合、YouTubeはお客様またはお客様のGoogleアカウントによる、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除できるものとします」という文言

突然アカウントが削除されるなんてことだって、あるかもしれません。

Twitterの反応

YouTuberや収益化をしている人達にとっては死活問題です。

YouTubeの利用規約変更についてちょっとまとめてみました。

YouTube利用規約変更についての結論:
いろいろ考えるだけ無駄。考えるのをやめる。

独自の裁量」については、ぶっちゃけブラックボックス化している面があり、何が規約に触れる行動なのかよく分かりません。全く持って不明です。誰が何を基準に判断するのかも分かりませんし、ひょっとしたらアルゴリズムが判断するのかもしれません。

独自の裁量」の基準は公表されていないので、誰にも分かりません。

ということですので、あれこれ考えても仕方が無いので対策について考えるのはやめましょう。考えるだけ無駄ということです。

YouTube利用規約更新に対して、何かやれることを考えてみた

でも何かしらやれることがあったらやっておきたいですよね。

考えた結果、対策という観点からは少し違うかもしれませんが、シンプルな方法があったので、ご紹介したいと思います。

それは下記の2点です。

  • YouTubeの使命感や価値観、企業理念といったものを理解する
  • コミュニティガイドラインを把握する

YouTubeの使命、価値観、理念とは

あらゆるものには存在する使命や意義、価値があります。企業そのものもアプリもWebサービスも。大抵共通するのは「より良い社会の実現」とか「より良い未来を作る」とかですよね。テッククランチ主催のプレゼン大会とかでも皆、口々に揃えて使うワードです。

違いといったら、どのようなアプローチ方法や技術でそういった社会や未来を作るのか。そういった点でしょう。

ですので、YouTubeも同様です。YouTubeにもミッション存在価値存在意義理念というものがあります。

YouTubeの使命や価値観とはなんでしょう。

YouTubeはしっかりとその辺のことに関して、動画をアップしたり、自社サイトでも紹介しています。良い機会なので、チェックしておきましょう。動画自体は1分弱ですが、うまくまとまっており、YouTubeの価値観や使命感というものを感じられる内容になっています。

動画:YouTube: Our Brand Mission

YouTube: Our Brand Mission
YouTube: Our Brand Mission

YouTubeのブランド紹介動画を視聴した感想といたしましては、チャンネル登録者数が多い人や収益をたくさんあげている人、俗に言うユーチューバーと言われるような有名なインフルエンサーよりも、むしろ無名で目立たない、マイノリティな人達に焦点を当てた作りになっているなーと思いました。

そういった観点から推測すると、チャンネル登録者数が少ないとか、視聴数が少ないという点を判断材料として、アカウントの停止や解除を決めるということはおそらく無いでしょう。

Webサイト:「YouTubeについて」

以下は「YouTubeについて」というサイトの引用になります。YouTubeの使命、存在意義、価値観が載っております。

YouTube の使命は、表現する場所をあらゆる人に提供し、その声を世界中に届けることです。

YouTubeについて

YouTube は、誰でも何かを表現して世界中に発信し、コミュニティを共有、形成できるべきだと考えます。

YouTubeについて

YouTube の価値観は、YouTube のあり方を定義する 4 つの自由に基づいています。


表現の自由
すべての人が自由に発言し、意見を交換し、率直に対話できるべきであり、また、創造的自由は新しい意見や表現形式、可能性につながるものであると YouTube は考えます。


情報にアクセスする自由
すべての人が、オープンな情報に簡単にアクセスできるべきであり、また動画は、教育や理解形成の場をもたらし、世界中の出来事を規模の大小にかかわらず記録できる強力なツールであると YouTube は考えます。


機会を得る自由
すべての人が、自分を表現できる機会を持ち、ビジネスを構築し、自分が思い描く成功を手に入れることができ、また、何が人々の心に響くかということを既存の価値観によってではなく自分たちで決めることができるべきだと YouTube は考えます。


参加する自由
すべての人が、サポートしてくれるコミュニティを見つけ、障壁を取り除き、国境を越え、同じ関心や情熱の下に集まることができるべきだと YouTube は考えます。

YouTubeについて

YouTubeクリエイターは「情熱を傾けている対象が何であるかにかかわらず、コミュニティとつながりを持ち、コミュニティを成長させること」ができます。

YouTube を通じて、多様性に富んだ無数の視聴者とつながることができます。

クリエイターが自らのストーリーを伝え、視聴者とつながり、創造への情熱をいかんなく発揮するためのお手伝いをしたいと考えています。

YouTube

動画プラットフォーマーとしての社会的責任

GAFAに代表されるようなITプラットフォーマーは、文字通りサービスの基盤を作っています。ですので社会に与える影響力は絶大です。その絶大な影響力が時に、マイナスの方向に働いてしまうと、思わぬ問題や弊害が生まれてしまいます。

YouTubeもプラットフォーマーの一員であるため、様々な点に配慮しながら運営をされています。

犯罪に使われてはいけない。

人権侵害・迫害に使われてはいけない。

すべての人にとって自由で開かれたものでなければいけない。

他にもたくさん考えられますが、影響力がある企業だからこそ、企業理念をしっかりと確立して明確にする必要性があります。そして、それに則った利用規約やルール作りを企業もしています。

ですので、ユーザーは、企業理念やサービス理念をしっかりと把握・理解して、利用することが必要なんだと強く思います。

YouTube新利用規約更新のまとめ

YouTubeの理念をシェアする。

利用規約の更新は今回で終わりということではなく、今後何度かの更新は十分考えられます。その変更に事細かく対応するということは非常に難しいです。過去の動画コンテンツが新規約の元ではNGになってしまう可能性も考えられます。

YouTubeの考える価値観、使命感などの前提を頭の中に入れて動画コンテンツを作っていくことが重要です。

YouTubeの理念に沿った動画であれば、アカウントの停止や解除を回避できると考えます。

以上です。

コメント